2017年08月15日

違うんだ。

ある日銀行員さんが家に来た。
ある手続きについてのレクチャーを受けていた。
父母が同席していたのだが、途中で父が席を外した。

少しして戻ってきた父は「カブ見てきた」と言った。
その言葉を銀行員さんは聞き逃さなかった!!
「日経平均も少しずつ上がってきましたもんね!」
と笑顔で応じる。

・・・違う、違うんだ銀行員さん。
父が見てきたのは庭で育てている「蕪」なんだ。「株」じゃないんだ。

まさに「かぶ」違い。

そんなツッコミが喉まで出かかったが、飲み込んだはるひとであった。
posted by はるひと at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

神出鬼没・・・?

兄弟とジムでトレーニングをしていた時の話。
「この台どうやって動かすんだろうね〜」と私。
「あ、下にレバーあるよ!これ動かすんじゃね?」と兄弟。
兄弟が台の下に潜りこんでレバーを動かそうとしたその時!

「それは足で操作してください!!!!!」
とE氏が駆けつけてきた!
そしてそのまま使い方の解説とトレーニングアドバイスが始まった。

ところでE氏よ、あなた今どこから走ってきたんだぜ?
直前まで視界に入る場所にいなかったよね?
説明よりアドバイスよりそっちが気になって仕方がないはるひとであった。

・・・それでなくてもジム内のどこに行っても遭遇するから神出鬼没な人だわ。
ワープ魔法が使えるか分身の術でもマスターしているに違いない。
posted by はるひと at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

同僚の暴走

同僚が朝から壊れていた。
おもむろに破いたカレンダーを本の形に加工し一言。
「これ、はるひとのハプニング集ね。何かあったら書いていけばいいよ!」
突然の宣言。そして脈絡がない。
何故そのような奇行に至ったか、全くの不明である。

その日は忙しく、昼頃に同僚は更に壊れていった。
ペンを走らせ、私の似顔絵を描いて表紙を完成させた。そして、過去に起こった出来事を
私の似顔絵付きで絵日記風にものすごい勢いで描き始めた。
彼女の筆運びに全く迷いはなかった。
そして完成した似顔絵、どれも妙に似ているのが何とも言えない。

何がそこまで彼女を突き動かしたのかは全くの不明である。


一体同僚に何が起こったのだろう・・・。


posted by はるひと at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

気持ちはありがたい

私は今某フィットネスクラブの会員である。
いつも来ると話しかけてくれるインストラクターさんがいる。(Eとしようか。)

先日、私は負傷しておりトレーニングがまともにできなかった。E氏はそれをとても心配してくれた。
・・・ありがたい、その気持ちは本当にありがたいし、嬉しい。


しかしだな、



負傷した1名のために
YOUのクラスの内容を変えようとするのはさすがに無理だよ、E氏。

「無 茶 す ん な」と喉まで出かかった言葉を飲み込みつつ、真剣に考えるE氏を眺める私だった。
(因みに変更計画は速攻で頓挫していた。)

E氏、心配かけて申し訳ない。次回は怪我も治ってるはずだから参加するよ。
posted by はるひと at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

勘弁してください

最近、職場に出入りするある人(Aとするか)と仲良くなってきた。
仲良くなること自体はいいんだ。
問題なのはそいつがものっすごい不運体質+ネタ体質+M疑惑という所。

ある日、Aがものすごく不運が続いていることを延々しゃべった挙句、私を指定するようなことを言った。(細かいことは伏せます)
次の日の朝、嵌まるはずののないマンホールの蓋の穴に、パンプスの踵が綺麗に嵌まった。
言っておくがピンヒールではない。蓋を開けるときに引っ掛ける、少し大きい穴にジャストフィット☆

そしてお約束の如く、抜けない。


通勤する人が行き交う中、バス停の目の前で地面から何かを引っこ抜こうとする女がひとり。
さぞ(悪い意味で)注目を集めただろう・・・。
Aに会うなり私は盛大に文句を言った。「お前さんの不運をなすりつけんな!」
八つ当たりも含まれていたのでこの時点では完全にAはとばっちりである。
が、Aは爆笑していた。


次の日、Aは面白がっているのか、私を指定する言葉を発した。
そして私は2日連続で鳥糞爆撃を受けた。
おいやめろと抗議してみたが、やっぱりAは爆笑していた。


あくる日、Aは懲りずに私を指定する言葉を重ねて2回言った。
今までの状況知っている同僚はニヤニヤ、私意気消沈。
「気を付けて帰らなきゃ・・・」と肩を落とす私に同僚は「期待してるZE☆」という
ありがた〜い言葉をかけてくれた。
・・・そしてその日、通っているジムで参加していたクラスが消滅という憂き目に遭う。

どうやらAが私を指定すると、Aの不運が私に伝染するらしい。
アイツいったい何者なんだ・・・!
とりあえず今度Aに会ったら「(私を指定する言葉)」禁止令を出しておかねば。


因みに同僚に報告したら爆笑されただけだった。チキショー
posted by はるひと at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

○年ぶりの更新

うっはぁ、パスとメルアド無くして○年、さっきひょんな事から発掘されてさっそくログイン。
誰も見ていないだろうなと思って解析確認したら、誰かが閲覧してくれていた模様。
こんな放置ブログを見てくれた誰かさん、本当にありがとう。ささやかな笑いを貴方に。

というわけで更新再開!超絶不定期だけど。
posted by はるひと at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

初めての追跡

かなり久々の更新です。
こんな調子でこのブログこれからも続くんだろうか・・・。
まぁいいや。先日、すごい光景を見たので報告。


続きを読む
posted by はるひと at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

お客様はスゴイものを忘れていきました

バイトに出た。今日はイベントだ。
人人人!!!もう何がなんだかわからない!
そんな中、集団のお客様来場。
ベビーカーを押してたので「ベビーカーこちらでお預かりしますよ」
と声をかけた。

続きを読む
posted by はるひと at 14:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

KY祭り

雨が降ってたので駅まで迎えに来てもらえることになった。待っていた時に起きた出来事。


続きを読む
posted by はるひと at 02:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

事件に遭遇

今日は久しぶりに学校へ行き、用事が済んだ後友人とお茶をした。

店内には私たち3人とカウンターのお姉さん1人。
その店は外にも座席があった。ふと見るとおじいさんが近づいてきた。
そのおじいさん、その席に腰掛ける。なんだか変な人だ。
挙動不審でなんとなく嫌な予感がする。

しばらくして、注文をするわけでもなく座り続けてるその人を見かねて、
店のお姉さんは注意しにいった。

店員「この席は注文をされたお客様の席となっておりますので・・・」

私は素直にはどかないだろうな、と思っていたら案の定始まりました。
そのじいさん、なんか色々怒鳴りだした。文句を言っているようだ。
何を言っているか分からなかったが、なお居座ろうとするじいさんに
ついに店員も切れた。

店員「てめぇの席じゃねぇんだよ!!!」

じいさんヒートアップ。東京がどうのとか、更にわけの分からないことを言い出す。
店の入り口で激しい罵りが始まる。
とりあえず日本語をしゃべろうか、じいさん。
たまりかねた店員、切り札を出す。


店員「警察呼びますよ?」
じいさん「あ゛ぁ゛?呼べよ、呼んでみろよ!!!!」

姉さん、即座にじいさんの目の前で冷静に警察に電話。なお怒鳴り続けるじいさん。


こりゃ下手したらやばいな。相手はじいさんだが、キレた相手は
手に負えなくなることも多い。
万が一喧嘩になったら、取り押さえに行くくらいの覚悟をしたが、
そんなことを考える前にまずやっておくことがある。
そう、動かぬ証拠を押さえることだ。
私はおもむろに携帯を取り出し、ICレコーダー機能を呼び出す。
それを机の上に置き、録音開始。

そして引き続き様子を伺う。
姉さんはかなり冷静に電話を続け、じいさんは怒鳴り続けている。
しかし、じいさんは撤収準備をしているような素振りも見せる。
帰るのか、と思いきや店の中に入ろうとしていた。
姉さん、入り口を閉めて鍵をかけた。

そこまでされて諦めたのか、じいさんは去っていった。
10分後、警察が到着。じいさんが去ってかなり経つ。すごく対応が遅いと思った。
警察は姉さんに簡単な事情聴取をしたあと帰っていった。

大したことは無かったのだが、大事にならなくて良かった、とも思った。


posted by はるひと at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。